Notion をウェブサイトとして運用してみようじゃないか

Notion をウェブサイトとして運用してみようじゃないか

Notion とは

EvernoteBearSimple NoteOneNote、iOS 純正メモなどありとあらゆるメモ・ノートアプリを渡り歩いて来ましたが、ついに桃源郷を見つけた。

というほど今ハマりまくっているのが Notion です。

テキストとそれに付随する情報をまとめる & 整理するという点においてはとにかく良く出来ていて、他に追随を許さないものがあります。

先にデメリットを挙げておくと。Notion アプリでは Apple Pencil などを使った手書きの文書作成やカメラを使った文書スキャンが出来なかったり、検索が貧弱な面はあります。

ただし前者については他のアプリで対応して後で Notion に画像としてインポートすれば済む話で、後者については確かに二の足を踏むデメリットと言えますが、普段から Notion 内の情報整理を心がけることである程度カバーできていますし、この点は Notion 側も問題として認識している筈ですので今後確実に強化してくる部分と思います。

なにより

  • ✈️動作が軽い!!!
  • 🖋️Mark Down で書ける
  • 🖱横に複数カラムを組んだレイアウトもドラッグ & ドロップで簡単に実現
  • 📀画像・動画・音声・PDFなどメディアの添付は当然
  • 🗿Twitter・GitHub Gist・Codepen・Google Maps などエンベッドに対応した外部サイトが多い
  • 📎もちろん Evernote のようにウェブサイトの一部を保存する Web クリップも Chrome 拡張でばっちり
  • 🛢️テーブル(データベース)機能が超強力
  • 🛠️ソースコードのエンベッドやシンタックスハイライトも十分
  • 🗓カレンダーの作成もお手の物
  • ➕TeX フォーマットで数式も書ける
  • 🌏ページをパブリックな URL として公開可能。(そのページに下層ページがある場合には親ページの公開設定に準ずる)
  • 🔒他の Notion ユーザーへ共有設定をかけて制限つきアクセスも設定可能。
  • 🔑公開ページの編集 / コメント / 検索インデックス / 他のユーザーがテンプレートとして再利用することを許可する、など細かな公開設定が可能

💡

利用可能な機能は契約プランに準じます。

などの膨大なメリットがあるので、先に挙げたようなデメリットは僕が Notion を使わない理由にはなりえませんでした。

Notion ページの公開機能を使ってウェブサイトとして運用できないものか?

これだけページ作成機能が充実かつ直感的に出来るとなると、ページの公開機能を使ってウェブサイトとして十分運用可能なのではないか?と思ってしまうのですが、

公開設定された Notion のページ URL は

https://www.notion.so/takehiko/Notion-Super-84242efe320345c3a211a941ecaaaf4e

のような複雑なものであり、ウェブサイトとして覚えてもらうのはかなり困難です。

この公開ページに独自ドメインを割り当てることができれば良いのに。と思ったところ、それを可能にするサービスが既にいくつか立ち上がっていましたが、僕が選んだのはこちら。

「⚡️Super」です。

⚡️Super

image

Super は有料サービスとなりますが、独自ドメインを割り当ててくれるだけでなく、

✈️Notion の公開ページを独自に静的化して高速ロードを可能にする

⏱Analytics スクリプトを挿入可能

🤟任意の Google Font を適用できる

💪将来的な機能強化

🔧SEO に配慮した meta タグを追加可能

🌐下層ページに任意のページ名を割り当てられる

🙌メンテナンスフリー

😀Notion 用独自アイコンセット

を提供してくれます。

料金プランはいくつかありますが、1サイトの運用であれば月額4ドル。

実のところ Notion の公開ページに独自ドメインを割り当てることは自力で行う方法も色々とあるのですが、ある程度の知識や下調べ・労力を必要とするものです。それを簡単に実現できる上、付加価値もあるのであれば月に 🥤キャラメルマキアート1杯程度の費用は払う価値があると判断しました。

(脱線しますが、Neumorphism〈ニューモーフィズム〉という新たなデザインの潮流を反映したウェブサイトを見たのは Super が初めてです。)

Notion を ⚡️Super につなぐには

元気と時間があれば書こうと思ったのですが、もうここは先人がまとめてくださった情報にありがたく譲らせていただきます。(このサイト自体も Notion です)

ということで。 ながらく放置していた自サイトを Notion で運用していくことにしてみました。

基本ノートアプリですのでデザイン面で出来ることは限られますが、画像など駆使して徐々にアップデート出来れば良いなと思っています。(思うだけになる可能性高し…

  • 公開状態のページ配下に作成したページは随時同期されて公開されてしまいますので、下書き時は Notion 内の別の場所で行う。
  • 公開してはならないページを誤って配下に入れてしまわないよう注意する。

など謂わゆる「誤爆」は最大のリスクなので注意しなくてはなりませんが、普段使うノートアプリで気軽にウェブサイトを更新できる感覚はとても新鮮です。